本文
サイトの現在位置
2020年5月28日 更新
精神障害者保健福祉手帳・自立支援医療(精神通院)の申請

新型コロナウイルス感染防止のため、有効期限が延長されます

精神障害者保健福祉手帳

 令和2年3月1日から令和3年2月28日までに有効期限を迎え、更新時に診断書を添付する必要がある方については、申請書のみの提出でこれまでと同じ等級のまま更新が可能です。ただし、更新から1年以内に診断書を提出する必要があります。
 新規、年金証書類を添付しての更新、変更等の手続きについては、通常どおりとなりますが、外出の機会を減らすため、郵送での申請も可能です。また更新については、期限を過ぎても、2年間はさかのぼって更新することができますので、状況に応じて手続きされるようお願いいたします。

自立支援医療(精神通院)

 令和2年3月1日から令和3年2月28日までに有効期限を迎える方は、一律に有効期限を1年延長します。手続きは必要ありません。
 新規、変更等の手続きについては通常どおりとなりますが、外出の機会を減らすため、郵送での申請も可能です。

その他、ご不明な点は担当係までお問い合わせください。
郵送での申請には下の申請書等様式を印刷してご利用ください。

精神障害者保健福祉手帳の申請

精神障害者保健福祉手帳は、精神障害者が福祉サービスを受けやすくするためのものです。
精神障害者保健福祉手帳には有効期限がありますので、更新を希望される方は期限内に申請をしてください。

【提出書類】
・精神障害者保健福祉手帳交付申請書(印鑑・マイナンバー必要)
・指定医師による診断書(手帳用) または 障害年金証書(写)および直近の障害年金振込通知書
・(年金証書で申請の場合)年金事務所等照会同意書

その他の書類が必要になることもありますので、詳細は下記にお問い合わせください。

自立支援医療(精神通院)の申請

精神疾患の治療のために医療機関へ通院する際、医療費の自己負担を軽減する制度です。
原則1割負担となりますが、世帯の所得に応じて上限月額が設定されます。
受給者証には有効期限がありますので、更新を希望される方は期限内に申請をしてください。
医療機関が指定となりますので病院や薬局等が変更した場合、また健康保険が変更した場合も変更申請が必要です。

【提出書類】
・自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書(印鑑・マイナンバー必要)
・指定医師による診断書(医療用)(2年に1回)
・健康保険証(写)

その他の書類が必要になることもありますので、詳細は下記にお問い合わせください。

申請書類は役場本庁健康福祉課にありますのでご相談ください。住所・氏名・健康保険の変更の場合にも届出が必要です。

PDFファイルはこちら
年金事務所等照会同意書
ファイルサイズ:31KB
障害年金証書類で申請される場合は必要です。
自立支援医療(精神通院)支給認定申請書
ファイルサイズ:202KB
両面印刷でご利用ください。
受給者証等記載事項変更届
ファイルサイズ:80KB
氏名・住所・健康保険等に変更がある場合、必要です。
リコーおきがるプリントネットワークプリントサービスAdobe Readerを入手する
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
健康福祉課 福祉係
説明:生活保護、民生委員、障害者福祉、日赤奉仕団など
住所:679-2392 市川町西川辺165-3
TEL:0790-26-1013
FAX:0790-26-3121