本文
サイトの現在位置
2020年9月8日 更新
令和2年度 市川町会計年度任用職員の募集について

「会計年度任用職」とは、地方公務員法の改正により、これまで嘱託職員、臨時職員として雇用を行ってきた職について、令和2年度からは1年度以内(4月1日から翌年3月31日まで)で「会計年度任用職」として任用される職員をいいます。
会計年度任用職員は、一般職の地方公務員として地方公務員法による職務に専念する義務などの服務規律が適用となります。
現在次のとおり、市川町会計年度任用職員を募集していますのでお知らせします。

☆任用期間
採用時から令和3年3月31日まで
(業務上必要であり、勤務成績等が良好であれば、再度任用されることがあります。)

☆基本給
常勤職員と同様の給料表を基に、会計年度任用職員の職務等に見合った基本給額を設定します。職種により、月額給又は時間額給となります。

☆昇給
再度の任用時に昇給があります。(ただし、6回の再度の任用時を限度とします。)

☆期末手当(賞与)
 任用期間が6月以上でかつ週の勤務時間が15時間30分以上の職員に支給します。基準日は6月1日と12月1日で、計算方法は常勤職員と同様です。
(期末手当基礎額×支給率×在職期間率)
・期末手当基礎額・・・各種手当相当分を除いた基本給額の1月分となります。時間額給の1月分とは基準日前6月の平均額となります。
・支給率・・・月 額 給→年間2.6月(6月期1.3月、12月期1.3月)
       時間額給→年間1.0月(6月期0.5月、12月期0.5月)
・在職期間率・・・基準日前6か月間の在職期間に応じた率です。通常であれば100%ですが、在職期間6か月未満となる場合は、在職期間に応じ30%から80%の割合で支給します 。

☆費用弁償(交通費)
常勤職員の規定に準じ、片道の交通距離(片道2キロメートル以上)に応じて支給します。
ただし、時間額給で基本給が定められている職種については、勤務した日数に応じて支給します。

☆休暇
一週間の勤務時間に応じて、年次有給休暇と特別休暇(有給・無給)が付与されます。
特別休暇は、国の非常勤職員に準じて設定され、特別休暇(有給)には病気、忌引、結婚休暇などがあり、特別休暇(無給)には産前産後休暇や子の看護休暇、短期介護休暇などがあります。

☆社会保険
一週間の勤務時間が20時間以上の職種は、社会保険(協会けんぽ)・雇用保険に加入します。

☆災害補償
非常勤公務災害補償が適用されます。

☆募集職種一覧
 

☆募集受付期間
随時募集していますので、お問い合わせください。

☆応募資格
地方公務員法第16条に定める欠格条項に該当しないこと。

☆応募方法及び応募期間
市販の履歴書に必要事項及び希望職種を記入(写真添付)のうえ、資格証等(必要な職種のみ)を添えて、総務課(役場3階)に提出し、受験票を受け取ってください。

☆試験日  
随時実施します。

☆お問合わせ先
市川町役場 総務課 電話0790-26-1010
なお、勤務時間、業務内容等に関することは、募集職種一覧内の各担当課へお願いします。

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
総務課 総務係
説明:人事、給与、職員研修、選挙、情報公開など
住所:679-2392 市川町西川辺165-3
TEL:0790-26-1010
FAX:0790-26-1049