本文
サイトの現在位置
2017年4月13日 更新
特定不妊治療費助成事業
特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)に要する費用の一部を助成します。

事業概要

市川町では、兵庫県特定不妊治療費助成事業実施要綱に基づく特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けた夫婦の経済的負担を軽減するため、特定不妊治療に要する費用の一部を助成する事業を行っております。

                   
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
保健福祉センター
説明:健康づくり、老人や母子保健など(保健福祉センター内)
住所:679-2323 市川町甘地323-1
TEL:0790-26-1999
FAX:0790-26-1987

助成対象者
 (1)~(4)の全てに該当する方
 (1)法律上の婚姻をしている夫婦で特定不妊治療をした期間及び助成申請日において、夫婦ともに市川町に住所を有する方
 (2)兵庫県による助成決定を受け、かつ兵庫県以外の地方公共団体から特定不妊治療の助成を受けていない方
 (3)医療保険に加入している方
 (4)町税を滞納していない方
助成内容  治療1回あたり10万円を上限に助成(県実施要綱の治療区分C及びFにあっては5万円を助成)
医療機関  兵庫県が指定した医療機関
申請方法  ・申請期間:兵庫県要綱の規定に基づく助成決定を受けた日から起算して3ヶ月以内
 ・申請窓口:中播磨健康福祉事務所(福崎保健所)で県助成を受けてから、保健福祉センター窓口で申請
申請に必要な書類  ①市川町特定不妊治療費助成事業申請書(様式第1号)
 ②兵庫県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
 ③市川町特定不妊治療費助成事業受診等証明書(様式2)又は兵庫県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
 ④指定医療機関が発行した領収書
 ⑤住民票の写し(続柄が記載されたもの)
 ⑥医療保険被保険者証の写し(夫婦とも)
 ⑦町税納税証明書(夫婦とも)
 ⑧夫婦別々の印鑑
支給方法  承認決定後、申請者の指定口座へ振り込み