本文
サイトの現在位置
2020年5月23日 更新
国民健康保険税の減免(新型コロナウイルス感染症の影響)
 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、国民健康保険税の納付が困難になった世帯に対し、国が定める基準に基づく国民健康保険税の減免を実施します。
 対象者、減免割合等の判定に所得の比較が必要となりますので、税務課にご相談ください。

【減免の対象となる方】

●新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯の方

  ⇒ 保険税を全額免除

●減収世帯
 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う経済活動の自粛等により、主たる生計維持者の令和2年2月以降の収入が減少し、国民健康保険税の納付が困難となった世帯
<要件>
下記の要件をすべて満たすこと。
①事業収入や給与収入など、種類ごとに見た収入のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること。
②前年合計所得が1,000万円以下であること。
③収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

 <減免割合>
主たる生計維持者の 前年合計所得 300万円 以下 400万円 以下 550万円 以下 750万円 以下 1,000万円 以下
減免割合 全部 8割 6割 4割 2割

減免額=A×B÷C×減免割合  
A:国民健康保険税額(申請日以後に納期限が到来する納期の合計額)
B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等にかかる前年度の所得額
C:主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の前年度の合計所得額   

※ 世帯主または被保険者のいずれかの所得が未申告の場合は減免はありません。

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
税務課 課税係
税務課 課税係
住所:679-2392 市川町西川辺165-3
TEL:0790-26-1012
FAX:0790-26-1049