本文
サイトの現在位置
2021年10月22日 更新
町長メッセージ

10月21日

 町民の皆様には、日頃から新型コロナウイルス感染拡大防止のための取組みに、ご理解、ご協力をいただいておりますことに深く感謝を申し上げます。
 9月30日の緊急事態宣言解除以降、兵庫県においても新規感染者数が減少するなど、緊急事態宣言期間中に比べ感染状況の指標は改善傾向を示しており、10月21日をもって、県独自の飲食店等や多数利用施設に対する時短要請等は、解除されます。人数制限(同一テーブル4人以内)などは継続されます。
 文化センターやスポーツ施設等の町内施設については、一部を除いて施設の利用時間を通常に戻し、制限の緩和を行います。ご利用の際には、感染防止対策の徹底をお願いします。
 町民の皆様におかれましては、感染の再拡大が起きないよう、引き続き、「うつらない・うつさない」との強い思いで、感染防止を意識した行動に努めていただきますようご協力をお願いします。

町長のサイン

8月2日

 町民の皆様には、日頃から新型コロナウイルス感染拡大防止のための取組みに、ご理解、ご協力をいただいておりますことに深く感謝を申し上げます。
 兵庫県内においても、再び新型コロナウイルス新規感染者数が増加し、第5波の感染急拡大が懸念されていることから、8月2日から8月31日まで「まん延防止等重点措置」実施地域に指定されました。
 オリンピック・パラリンピックの開催や夏休みに加え、今後お盆の時期を迎え、帰省等により人の流れが多くなることが予想されます。
 町民の皆様におかれましては、ここで気を緩めることなく、「うつらない・うつさない」との強い思いで、一人一人が個人でできる感染症対策の徹底をお願いします。
 町民の皆様と一丸となって、一日も早い収束を目指してまいりたいと思いますので、引き続きご協力をお願い申し上げます。

町長のサイン

4月7日

 町民の皆様には、これまでも新型コロナウイルス感染拡大防止のための取組みに、ご理解、ご協力をいただいておりますことに深く感謝を申し上げます。
 兵庫県内においては、新型コロナウイルスの新規感染が、急拡大しており、4月5日から5月5日までの1か月間、「まん延防止等重点措置」実施地域に指定されています。特に感染が拡大している神戸市、阪神南地域(尼崎市、西宮市、芦屋市)を重点区域として、飲食店等に対する時短要請など対策が強化されることになりました。
 また、市川町を含む12市6町については、日中も含めた不要不急の外出自粛を要請され、飲食店等に対して4月21日まで時短要請がされています。
 本町におきましては、国や県、医療機関の皆様と連携し、様々な感染防止策を講じるとともに、新型コロナウイルスワクチン接種の情報についても、適宜、皆様に情報発信してまいります。
 春は人の移動が活発化する季節です。町民の皆様におかれましても感染のリスクは日常の様々な場面に存在することを強く意識し、引き続き「うつらない・うつさない」との強い思いで感染症対策の徹底をお願いいたします。

町長のサイン


1月14日

 町民の皆様には、これまでも新型コロナウイルス感染拡大防止のための取組みに、ご理解、ご協力をいただいておりますことに深く感謝を申し上げます。
 1月13日に国から「緊急事態宣言」が再発出され、これを受け、兵庫県知事から県民の皆様に対し、不要不急の外出、県境をまたぐ移動の自粛、特に、午後8時以降の徹底した外出自粛等の要請がされました。
 年明け以降、県内の感染が急速に加速しており、早期に状況が改善しななければ、感染者が爆発的に増加し、医療崩壊の恐れが懸念されています。
 本町におきましても、町民の皆様のさらなる感染の拡大防止に向け、1月18日(月)から2月7日(日)までの間、原則全ての公共施設の利用時間を午後8時までとする対策を講じるとともに、役場の職員におきましても接触機会の低減のため、時差出勤等に取り組んでまいります。
 町民の皆様におかれましては、引き続き感染予防策を徹底していただき、不要不急の外出自粛に努めてくださるようお願いいたします。
 日々の生活が制限され、より一層のご不便等をおかけすることとなりますが、町民の皆様と力を合わせ、この難局を乗り越えてまいりたいと考えております。どうか、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

町長のサイン


11月27日

 新型コロナウイルスの集団感染について町民の皆様にご報告をいたします。
 報道等ですでにご存じかと思いますが、11月20日(金曜日)に市川中学校で実施した合唱コンクールが関係していると思われる新型コロナウイルスの集団感染が確認されました。
 その詳細は、調査中ですが、当日は、保護者の来場者数を制限するなど規模を縮小し、感染防止対策をとりながら体育館で実施しましたが、対策が万全とは言えず、結果的に生徒、保護者、また、地域の皆様に多大なご心配をおかけしておりますことに対し心からお詫び申し上げます。
 これまでに、生徒20名・教職員2名のあわせて22名の感染が確認されており、現在学校を臨時休校としています。
 27日までに全ての生徒、教職員、合唱コンクールに参加した保護者のうち、希望される方を対象としてPCR検査を実施し、その検査結果により今後の対応を検討してまいります。
 対応状況などにつきましては、随時、防災無線の放送や、市川町のホームページに掲載していきますのでご確認をお願いします。
 町としましては、これ以上の感染拡大を防止するため、11月27日(金曜日)から12月31日(木曜日)まで、屋内外の主な公共施設の貸館、また、町主催のイベント等を原則中止又は延期とさせていただきます。
 町民の皆様には、ご不便をおかけしますが、一人一人が「うつらない・うつさない」との強い思いで、感染防止を意識した行動をとり、この難局を乗り越え、1日でも早く日常を取り戻すため、町民皆様のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

町長のサイン



11月13日

 町民の皆さまには、新型コロナウイルス感染拡大防止に多大なご協力をいただきまして本当にありがとうございます。
 全国的な新型コロナウイルス感染症の再拡大のなか、兵庫県でも直近1週間の新規感染者の平均が40人を超え、兵庫県が設定した5段階基準のうち、警戒レベルが最高の「感染拡大期2」に入りました。
 皆さま自身や大切な方の生命・健康を守るため、改めて、感染リスクが高まるとされる次の「5つの場面」に注意してください。

 1.飲酒を伴う懇親会等
 2.大人数や長時間におよぶ飲食
 3.マスクなしでの会話
 4.狭い空間での共同生活
 5.休憩室、喫煙所、更衣室等への居場所の切り替わり

 町民の皆さまには、これらの場面に注意していただくとともに、引き続き「3密」を避け、手洗いやマスク着用の徹底のほか、室内の換気、湿度の維持に努めてください。
 また、うわさやデマによる偏見や差別、誹謗中傷などにつながらないように、関係機関が発信する正しい情報に基づいた冷静な判断と行動をお願いいたします。

町長のサイン


7月20日

 町民の皆さまには、新型コロナウイルス感染拡大防止に多大なご協力をいただきまして本当にありがとうございます。
 県内の感染者数は、緊急事態宣言対象区域(特定警戒都道府県)からの解除後もしばらくは沈静化しておりましたが、ここ数日の新規感染者が増加している現状を受け、7月17日からは県独自基準での「感染警戒期」に移行している状況です。
 本町としましても県の「新型コロナウイルス感染症に係る対処方針」を踏まえ、今後はいわゆる3密の回避をはじめとした新しい生活様式を実践しながら、感染拡大の第2波に備える必要があります。
 また、自粛要請など予防施策の影響を受けている地域経済、住民生活に対する支援対策により、新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会経済活動の両立を図り、新しい日常を築いてまいりたいと考えております。
 7月13日の臨時議会におきまして、国の第2次補正予算に追加計上された新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した緊急経済対策など町独自事業の取組みも含め、一般会計補正予算総額3億63,957千円の内容を承認可決いただきました。

主な事業内容につきましては、
 1.町民1人につき1万円分の地域商品券を支給する「町内でお買い物推進事業」
 2.リフレッシュパーク市川等の宿泊料の割引を行う「宿泊施設利用促進事業」
 3.特別定額給付金の給付基準日後に生まれた新生児1人につき10万円を支給する「新生児臨時特別給付金事業」
 4.離職者で失業保険を受けられない方への支援にかかる「離職者生活支援給付金事業」
 5.公共交通の利用促進にかかる「コミュニティバス等利用促進事業」
 6.避難所や学校、各公共施設等における「感染症予防対策事業」
 7.国の「GIGAスクール構想の実現」に向けた「タブレット端末等整備事業」
 8.「小学校特別教室等空調設備設置事業」
  
 詳しくは全戸配布する予定のチラシ、ホームページなどでご確認ください。
 今後も新型コロナウイルスの感染拡大防止、また社会経済活動の本格的な再開へ向けて、町民の皆様のご理解、ご協力を引き続きお願い申し上げます。

町長のサイン



5月22日

 町民の皆さまには、新型コロナウイルス感染拡大防止に多大なご協力をいただきまして、本当にありがとうございます。
 日々増えていた県内の感染者数も、ここにきてやや沈静化の兆しが見え、5月21日、兵庫県は緊急事態宣言対象区域(特定警戒都道府県)から解除されました。
 この解除により、同日、兵庫県から出された「新型コロナウイルス感染症に係る対処方針」等を踏まえ、公共施設等の休館・休業を段階的に解除し、感染防止対策を整えたうえで、順次開館することとしました。感染拡大防止の取り組みにご協力いただいた町民の皆さまには、心から感謝を申し上げます。
 しかしながら油断は禁物です。引き続き、手洗いの徹底、三つの密を避けることなど、感染拡大の第2波に備えていかなければなりません。町民の皆様には、引き続き感染防止にご協力をお願いします。
 さて、5月18日の臨時議会におきまして、新型コロナウイルス感染症対策に伴う緊急経済対策など町独自事業の取組みも含め、一般会計補正予算総額13億42,108千円の内容を承認可決いただきました。

主な支援策などにつきましては、
1 特別定額給付金事業
 国民一人当たり10万円を給付
2 子育て世帯への臨時特別給付金事業
 平成16年4月2日から令和2年3月31日までに生まれた児童を対象に1万円を支給
3 子育て世帯への臨時特別給付金の上乗せ事業
 上記2の国の制度を拡充し、子育て世帯を支援するため、町独自に1万円を上乗せして支給
4 高校生・大学生等応援給付金事業
 16歳から25歳までで、高校・大学・専門学校・予備校等に通う方に2万円を支給
5 中小企業等経営支援給付金事業
 4月から6月のうち、1ヶ月の売上が前年同月比で20%以上減少している中小法人に対して15万円、個人事業主に対して10万円を支給
6 雇用調整助成金申請業務助成事業
 申請事務を社会保険労務士に委託する際の費用の1/2を助成(上限10万円)
7 児童生徒等端末整備事業
 国の「GIGAスクール構想」に基づく児童・生徒1人1台端末を早期に実現し、オンライン学習環境を整備するため、小・中学校の全児童生徒分のタブレット端末を整備

 これらに加え、納税の猶予や公共料金の支払猶予なども実施することとしており、国や県の支援策もあわせたチラシを配布しますのでご確認ください。
 また、これまで事業所また団体、個人の皆様方からマスクや消毒液等、多くの御支援を頂戴しています。心からお礼を申し上げますとともに、有効に活用させていただきます。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止を基本としつつ、社会経済活動の本格的な再開へ向けて、町民の皆様のご理解、ご協力を引き続きお願い申し上げます。

町長のサイン



4月16日

 現在、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を踏まえ、感染のまん延を防ぐため、町内施設の貸館の休止をはじめ、イベント等の中止、不要不急の外出を自粛していただくなど、大変なご協力をいただいておりますことに感謝を申し上げます。
 自分と大切な家族の命を守るため、住民の皆様は、生活の維持に必要な場合を除き外出は控えていただき、やむを得ず外出が必要な方は「密閉空間、密集場所、密接場面」が重なる場所を避ける行動をお願いします。
 役場におきましては、兵庫県からの在宅勤務推進の要請を受け、役場機能の保持に努めながら、4月17日から5月6日まで、出勤者を削減し、感染のまん延防止に努めてまいります。
 町民の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
 また、国・県が発表している緊急経済対策につきましては、情報収集を行い、町の予算編成などの準備が整い次第ご案内させていただきますのでよろしくお願いします。
 住民の皆様お一人お一人がこれまで以上に、人との接触を避けることを意識して生活していただくことが何より重要です。引き続き大変なご協力をいただくことになりますが、この難局を乗り越え、1日でも早く日常を取り戻すため、ご理解とご協力を重ねてお願いします。

町長のサイン

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
総務課 危機管理係
住所:679-2392 市川町西川辺165-3
TEL:0790-26-1010
FAX:0790-26-1049