兵庫県市川町
お問い合わせ サイトマップ トップページへ
English
Chinese
Korean
町の紹介
観光情報
生活便利帳
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ生活便利帳障害者福祉障害者に対する手当・助成等について
 
2010年1月31日 更新
印刷用ページを開く
障害者に対する手当・助成等について
特別障害者手当
著しく重度の障害のため、日常生活に常時特別の介護を要する20歳以上の在宅障害者に対し支給します。
ただし、所得制限があり、社会福祉施設に入所している方、病院などに3ヶ月を超えて入院されている方には支給されません。
医師の診断書により中播磨健康福祉事務所が認定します。

月額26,340円
戻る
障害児福祉手当
心身に重度の障害があるため、日常生活に常時特別の介護を要する20歳未満の在宅障害児に対して支給します。
ただし、所得制限があり、社会福祉施設に入所している方、病院などに3ヶ月を超えて入院されている方には支給されません。
医師の診断書により中播磨健康福祉事務所が認定します。

月額14,330円
戻る
重度心身障害者(児)介護手当
64歳未満の身体障害者手帳1・2級所持者、及び重度の知的障害と判定された方で、日常生活において常時介護を必要とする状態にある方の介護者に支給する。
ただし、次の各号に該当する事由があるときは支給対象としない。@ 障害者が過去1年間に障害者自立支援法(平成17年法律第123号)の規定によるサービスのうち規則で定めるものを受けているとき A介護保険法(平成9年法律第123号)の規定によるサービスのうち規則で定めるものを受けているとき。B障害者及び障害者と同一の世帯に属する者(支給対象月が1月から7月までの場合にあっては、前年度)分の市町村民税を課される者であるとき。C 介護者が家族介護慰労金支給事業の支給対象となる者であるとき。

手当額 年額100,000円
上記の@とBに該当する者は障害者1人につき年間50,000円介護者に支給する。
戻る
身体障害者更生医療給付
身体障害者が手術その他の治療によって、障害を軽くしたり、取り除くため、身体障害者更生相談所の判定によってその医療が必要であると認められたときには、指定医療機関で、公費により治療をうけることができます。
原則治療費の一割を負担していただきます。
戻る
心身障害者(児)扶養共済制度
心身障害者(児)保護者の相互扶助の精神に基づいて、保護者が生存中に一定額の掛金を納付することにより、保護者が万一死亡し、又は重度障害になったとき、残された心身障害者に終身一定額の年金支給し生活の安定を図ることを目的とするもので、身体障害者1〜3級及び知的障害者を扶養する65歳未満の親族が加入できます。
戻る
身体障害者用自動車改造助成
重度の上肢、下肢又は体幹機能障害者が就労などに伴い、自らが所有し、運転する自動車を改造する場合、費用の一部を補助します。
限度額100,000円
(注)
・改造する前に申請して下さい。
・所得制限があります。
戻る
身体障害者自動車運転免許取得助成
肢体不自由又は聴力言語障害のため運転免許に条件が付されている者が、運転免許交付後6ヶ月以内に申請すると、運転免許取得のための教習に要した経費について助成します。
ただし、所得による制限があります。
免許に取得に要した費用の1/2  限度額100,000円
戻る
手話通訳者・要約筆記派遣
意思疎通を図ることに支障がある障害者等が、手話通訳者または要約筆記者がいないために、社会生活上コミュニケーションを図ることが困難な場合に通訳者等を派遣することにより、聴覚障害者等の社会生活上の利便を図り、福祉の向上を図ることを目的とする。派遣を希望される方は事前に役場健康福祉課に申請してください。
戻る
自動車税の減免
自動車税、自動車取得税は姫路県税事務所へ申請してください。
ただし、障害者一人につき1台に限ります。
(障害者等の状況に応じて役場健康福祉課で発行する生計同一証明書等が必要になります。)
軽自動車は役場税務課へ申請してください。
戻る
駐車禁止区域の緩和
対象者 視覚障害1−4級 体幹障害1−3級 下肢障害1−4級 心臓障害1級、3級、4級 呼吸器障害1級、3級、4級    じん臓障害1級、3級 ぼうこう、直腸1級、3級必要な書類 身体障害者手帳、印鑑、障害者本人の住民票(本籍・続柄の記載のあるもの)申請場所 福崎警察
戻る
NHK放送受信料の免除
全額免除−生活保護受給者又は障害者の属する世帯が市町村民税非課税世帯
半額免除−契約者が身体障害者手帳を有する視覚障害者、聴覚障害者、又は重度の障害者で世帯主の世帯
戻る
JR・バス・航空運賃の割引
それぞれの障害の種類、程度に応じて割引されます。
各社取扱いが一定しておりません。手帳を提示して利用窓口で相談してください。
戻る
有料道路割引制度
身体障害者が自ら運転する場合及び重度の身体障害者又は、重度知的障害者を乗せて介護者が運転する場合、有料道路料金の半額が割引きとなります。ETC利用者も対象となります。
(「重度」については、JRの第1種と同じ範囲)
申請には障害者手帳・車検証・運転免許証(本人運転の場合)が必要です。
ETC利用者はETCカード及び車載機のセットアップ申込書(写)も必要です。
戻る
NTTの無料措置
障害者手帳をお持ちの方は、NTTの料金等の免除が受けられます。
くわしくは、NTT支店又は営業所へ(0120−104−174)
戻る
福祉タクシー利用助成
身体障害者手帳1〜2級又は療育手帳A判定を受けておられる方が医療機関へ通院する際利用したタクシーの利用料の一部を助成します。初乗運賃の助成概ね年間48枚
申請は市川町社会福祉協議会(保健センター内)で受け付けています。
戻る
携帯電話基本使用料半額免除
  身障手帳・療育手帳・精神障害者手帳をお持ちの方が対象となります。
詳しくは各携帯会社へお問い合せください。
戻る
本文終わり
ページのトップへ
健康福祉課 福祉係
〒679-2392 市川町西川辺165-3
Tel: 0790-26-1013  Fax: 0790-26-3121  フォームメール: こちらから